2018,4,10【過保護妖怪カホーゴ】

おはようございます^_^

 

私の母は、私の友だちから

お墨付きを頂くくらいの過保護。

嫁ぐ直前まで私への執着心がすごかったです。

 

そして今は孫に過保護(笑)

 

先日、そんな母のいる実家に遊びに行きました。

すると、長女と次女が実家で喧嘩を始めました。

 

先日も配信しましたが

次女は1度機嫌を損ねると

とことん泣きわめきます。

 

でも、気がすむまで泣いたら

自分で復活出来る力もあります。

むしろ泣き喚いている時に構っても逆効果です。

 

なので、私は

「落ち着いたらお話ししようね」

とだけ伝え

他のことをしながら見守っていました。

 

すると登場したのが、妖怪カホーゴ(笑)

あの手この手で機嫌を取り始めました。

 

「ねえねだって悪気があった訳じゃないんやから」

「次女ちゃんもそんな時あるやろ?」

(↑諭しているようで次女の気持ちを

 全く認めていない関わり方)

 

「いつまでも泣いてたら恥ずかしいで」

(↑泣くことは悪い事という

 価値観の押し付け。

 自己肯定感を下げる関わり方。)

 

「ほら、妹が次女ちゃんのこと

 『恥ずかしー』ってゆーて見てるわ。」

(↑事実無根)

 

「泣き止んだらアイスあげるから

 早よ泣き止みなさい」

(↑不適切なご褒美の与え方)

 

妖怪カホーゴは

こんなにネタを提供してくれました(笑)

 

私が

「次女はこうなったら止められへんから

 自分で泣き止むのを待ってあげて」

と伝えてもこの感じをやめませんでした。

 

どうやらうざくなったと思われる次女は

コタツに潜り込んで耳を塞いでました(笑)

 

さらに妖怪カホーゴの攻撃。

 

「そんな空気の悪いとこに入ったら

 しんどなるから早よ出てきなさい」

「小学生になるのに

 いつまでもいじけてたらあかんよ。」

 

…猛攻撃(笑)

 

次女はいつもはしないような

大きな奇声を発し

泣き止むまでの時間も

いつもの倍くらいかかっていました。

 

カホーゴは恐ろしい妖怪です(笑)

 

あなたには

妖怪カホーゴが住み着いていませんか?

 

ドキっとしたあなたは

・あえて声をかけない。

・あえて距離をとる。

を意識してみて下さい。

 

 

平日毎朝8時にLINE@配信中!

子育ての悩み・疑問や夫婦円満の秘訣を

目からウロコな視点で紐解きます。

 

・育児書を読んでもうまく実践できなかった

・むしろ育児書通りにいかなくて余計に辛くなった

・頭では理解するけど感情がついていかない

 

そんなお母さんから

「このLINEに救われてます」

という声多数!!

講座代の割引等、LINE読者様限定特典もあり。

友達登録して損はさせません(≧▽≦)

 

友だち追加数

 

 

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)