《夫婦関係》「思いやり」のよくあるすれ違い

あなたは

「私がこんなにしんどい思いをしているのに

 何でわからないの?」

「なんで私ばっかりこんなに

 我慢しなければならないの?」

と、夫に不満をもっていませんか?

 

こんにちは(^O^)

 

兵庫県伊丹市在住

夫婦関係や子育て力を向上させたい女性のサポーター

素まいるコーチングのTomoです。

 

先日、こんなご相談を頂きました。

 

ーーーーーーーーーー

私は保育園に子どもを預けて

月~金までパートで働く主婦です。

 

夫は土曜・祝日も仕事なので休みは日曜のみ。

 

先日、仕事から帰ってきた夫が突然

「お前も子どもを預けて土曜日も働け!」

とキレだしました。

 

意味がわからなくて冷戦中です。

ーーーーーーーーーー

色々お話を聴いていくうちに

「私は夫が仕事で大変だと思い

 家事も育児も夫に頼らないで

 パートしながら1人で頑張っている。

 十分夫を気遣っているのに夫は全く私を気遣わない。

 それどころか、もっと働けだなんて信じられない」

という言葉が飛び出しました。

 

ところでその努力

ご主人は知っていますか?

 

女は元々男より気遣いのできる生き物です。

だからこそ、見えない気遣いを当たり前のようにするんです。

 

黙って家事育児を1人で担う。

これは典型的な行動パターンです。

 

ご主人はきっと、奥様のことを

「なんの苦労もなくさらっとできる人」

だと思っているでしょう。

 

だって辛そうなところを見せないから。

 

下手すれば

「好き好んでやっている」

と思われているかもしれませんね。

 

だからきっと

「自分ばっかりしんどい思いをしている」

と、八つ当たりしちゃったんでしょうね。

 

あなたがどんなに陰で頑張っていようとも

ご主人から見えている景色は

「家事も育児も仕事も楽そうな妻と、仕事で疲れた俺」

なんですから。

 

はい、

男性はここから読まないで下さい(笑)

 

男という生き物はですね、

一般的に想像力に乏しいのです。

 

だからね、「陰の努力を悟って」

って求めちゃダメですよ。

 

わかりやすーく

「いつもお疲れさま」

「お仕事頑張ってくれてありがとう」

と、言葉にして労ってあげるとか

「今日の夕飯はあなただけお刺身つきよ」

なんて、目に見える特別扱いをしてあげるとか

そういう風に直接的な行動に表さないとわからないんです。

 

逆に言えば

そうやって直接行動にさえ表しときゃ

ある程度は気分よく転がってくれるもんです(笑)

 

夫婦には思いやりが必要不可欠です。

でも、それは「私なりの思いやり」では伝わらないんです。

 

こと、夫婦においては性別が違って脳の作りが違うのですから。

よく、挨拶の声が小さいと

「相手に聞こえないんじゃぁしてないのと一緒」

なんて言ったりしませんか?

 

思いやりも同じ。

 

「相手に伝わらないんじゃぁしてないのと一緒」

相手に伝わらない思いやりは自己満足。

 

「私だったらこうする」

で考えないで

「夫にはどうすれば伝わるのかな?」

を考えるのが思いやり。

 

でも、自分の価値観だけで世界を見ていると

なかなか難しいですよね。

 

「私なりにやってるのにうまくいかない」

そんな時は第三者の意見を聞いてみませんか?

 

私は、凝り固まったあなたの考え方を真っ白な心で聴き

新たな気づきを与えることが出来ます。

 

あなたが見ている世界と

ご主人が見ている世界が違うことが分かると

きっとそのモヤモヤが腑に落ちますよ。

 

それがコーチングセッションです。

 

セッションの無料体験やってます。

初めての方は1時間。

私の講座を受講して下さった方は2時間無料です。

 

お問合せはお気軽に♪

smile.coaching311@gmail.com

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

あなたとのご縁に感謝。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)