2018,4,4【子どもを泣き止ませないで】

おはようございます^_^

 

泣いている次女に私がしたこと。それは、

自分の力で泣き止めると信じて待つ

です。

 

次女はこれまでの経験で

何度か促されて動かなかったら

ママの怒りスイッチが入ることを

知っています。

 

その上で、「片付ける」ではなく

「叱られる」を自分で選択したのです。

 

だから、「叱られて悲しくて泣く」という結末を

自分で請け負う責任があります。

 

そして

自分で泣くことを選択したのですから

当然泣き止むのも自分でしなければなりません。

 

自分で選んだ結末を自分で引き受ける。

これが精神的自立に非常に重要なことです。

 

あやしてもらったり

取り繕ってもらったりしなければ泣き止めないのは

3歳くらいまでだと思っていて下さい。

 

言葉の理解が早ければ

2歳くらいで出来るようになります。

 

専門用語で「課題の分離」と言います。

 

子どもが自分で泣く選択をしたのに

親が泣きやませようとするのは

この課題の分離が出来ていないということ。

子どもの課題を親が横取りしているということ。

 

精神的自立を妨げているということです。

 

とても大切なことなので

引き続き明日もお伝えします。

 

 

平日毎朝8時にLINE@配信中!

子育ての悩み・疑問や夫婦円満の秘訣を

目からウロコな視点で紐解きます。

 

・育児書を読んでもうまく実践できなかった

・むしろ育児書通りにいかなくて余計に辛くなった

・頭では理解するけど感情がついていかない

 

そんなお母さんから

「このLINEに救われてます」

という声多数!!

講座代の割引等、LINE読者様限定特典もあり。

友達登録して損はさせません(≧▽≦)

 

友だち追加数

 

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)